2005年05月21日

『カーニヴァル化する社会』

鈴木謙介『カーニヴァル化する社会』(講談社,2005.05 講談社現代新書)


test

旅行前に買い込んだうちの一冊。ほかは下記。この本は行きの車中で読む。内容は・・・・・・正直よくわからない。部分部分についてはよく飲み込めるところがあるのだけど,全体についてのまとまりがつかない。

一つの問題として,自身が社会学的な言説をあまり理解できない,っていうのがある。民俗学的な方向では肯けるアイディアはあるのだが,思想や社会学分野での言説をあまり説明せずに提示するところがあり,論理がよくつかめない。
加えて,そもそも著者自身が考えを十分消化し切れてるのか? とも疑問に思う。紹介されている言説自体はなかなか面白そうなのだが。

具体的な内容としては,

思想的な目的を欠き,ネタ的コミュニケーションのみを目的とする,社会の「カーニヴァル化」。
「私は私」と他者視点の自己イメージと自己の人格を切り分けることから来る「分断された自己」。
若者世代の就労問題にある「やりたいこと探し」と,躁鬱的な「ハイ・テンションな自己啓発」でしか維持できない労働状況。
自己の情報を外部の携帯電話やネット上のサービスにゆだねることにより,自己の意思決定を外部データベースに任せるデータベース依存。

といった感じ。

ひとつひとつの発想についてはこれはと思う要素もある。たとえば「やりたいこと探し」や「ハイ・テンションな自己啓発」については自分にも覚えのあるところであるし,データベース依存(著者は「監視社会」と言っている)は,自己知識外在化の傾向とみると,なかなか面白いところがある。

なんだけど,どうにも全体がはっきりと見えてこないなぁ,と思われるところ。「カーニヴァル化」よりも,データベースの方向のみでまとめた方がよかったのじゃないだろうか? まぁ,今後の活動を見守るとしましょう。


買った本:
福井健策『著作権とは何か』(集英社,2005.05 集英社新書)
山崎敏之『テレビアニメ魂』(講談社,2005.05 講談社現代新書)

(このエントリは5/28に書きました)

投稿者 Myrmecoleon : 00:00 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月14日

入手記録 5/11~5/14

買った本:

松原望著『統計学100のキーワード』(弘文堂,2005.04)
ちょっと読んだら密度が濃くて面白そうだったので。統計関係も勉強しなきゃなー

F.W.ニーチェ著,適菜収訳『キリスト教は邪教です!』(講談社,2005.04 講談社+α新書)
タイトル買い。ニーチェ『アンチクリスト』の現代語訳。

白倉敬彦著『江戸の男色』(洋泉社,2005.04 新書y)
「男色図」に材をとった江戸時代の男性売春事情の本。ちょいツボにハマった。

莫邦富著『日中はなぜわかり合えないのか』(平凡社,2005.05 平凡社新書)
いわゆる時事本。ちょっとはネット以外の教養をつけておきましょう。

諏訪哲二著『オレ様化する子どもたち』(中央公論新社,2005.03 中公新書ラクレ)
少し前に他人様のサイトぶらついてて興味をもつ。教育関係


借りた本:

田中利光著『ラテン語初歩』(岩波書店,1990.02)
ラテン語に興味をもったのでお勉強。さすがに返すまでにマスターするのは無理と思うがツナギで。

田村泰著『大きなかぶと'The Big Carrot'』(三友社出版,2004.08)
パラパラ読んでたら面白そうなことが書いてあったので。

投稿者 Myrmecoleon : 14:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月10日

5/8~5/10

借りた本:

ノルベルト・ボルツ著,村上淳一訳『世界コミュニケーション』(東京大学出版会,2002.12)
以前書店で見つけて気になってた本。メディア論がらみ。

ハンス-ヨアヒム-ノイバウアー著,西村正身訳『噂の研究』(青土社,2000.01)
上の本を探してて目に入る。口承文芸がらみ。

浅野楢英著『論証のレトリック』(講談社,1996.04 講談社現代新書)
図書館をぶらぶらして見つける。レトリックとパラドックスはなかなか縁深い。

殊能将之著『ハサミ男』(講談社,1999.08 講談社ノベルス)
以前気になっていた小説。

柘植久慶著『グーテンベルク聖書奪回作戦』(角川春樹事務所,1999.12 ハルキ・ノベルス)
“グーテンベルク聖書”で衝動借り。柘植さんにR.O.D.みたいな課題を与えるとどうなるのかが楽しみ。

中里融司著『狂科学ハンターREI』 1-5巻(主婦の友社,1996.06-1999.01 電撃文庫)
昔トンデモ科学関係に興味もってた縁で気になっていたシリーズ。最近,専門外の専門書ばかりで頭が痛くなってたので(ぁ

豊沢豊雄著『著作権の取り方・生かし方』(実業之日本社,1993.11)
著作権のお勉強を,ではなくて,ちょっと読んだら「ああ?」っていうような誤解の混じった説明があったので,ちょっとマジメに調べてみたくなったため借りる。著作権の“取り方”って・・・・・・(日本では著作物は作った時点で著作権が発生します)。


返した本:

私市保彦著『幻想物語の文法』(晶文社,1987.04)
部分読みで返却。古代から現代に至る神話~幻想文学の分析。ちょっと面白かったが,読んだことのない作品については楽しめない。数編のみ読んで返却。むしろ紹介されてる古典なんかの方を読んだ方がよいなあ。

ノーム・チョムスキー著『生成文法の企て』(岩波書店,2003.11)
生成文法に興味がわいたので借りてみたが,学術用語の渦で半分読んで断念。面白そうな考え方をする人だとは思ったが,楽しめるだけの知識がないなあ。。。。

投稿者 Myrmecoleon : 22:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月01日

いきなりおサボり

ダメですね。いきなり二日サボっちゃいました(書いてるのは5/2)
気負い過ぎもいけませんねぇ。

4/30は概ね家でゴロゴロしてました(ぁ

本読んだりチャットしたり寝ころんだり。
これじゃいけないと思って2時間ばかり夜道を走ったり(ぁ
川辺が涼しかったです。

夕食はあるものを適当に。
豚肉を焼いたのと,卵かけ納豆でごはんを一杯。


5/1は反動で朝から町に出ました。
近所の図書館,書店をめぐる。
こちらに住んで一年,はじめて県立図書館を利用しました(ダメ図書館員
行こうと決めたのは前日なのですが,いい具合にTVで紹介番組がやってたり。

県立図書館は,どうもすっきりした印象を覚えました。
蔵書は職場とそれほど変わらないと思うのですけどね。
広さならウチのがあるはずですし。書架の配置の仕方でしょうかね。
うちの,学生向けに学習向けの閲覧スペースが広いことが原因かもしれない。
館種の違いもあるのでしょうが,
もう少しレイアウトを考えなきゃいけないのかもしれません。

レイアウトといえば,館内の略図がもらえたのがよかった。
あるとないとで大違い。便利べんり。
というか,職場の館内略図もいい加減改訂せんと;;

(自分のところの不備ばかり目につくってのも困ったものです)

二軒ほど書店をまわり,モスバーガーにて夕食。
疲れて帰ったのでブログを更新せずに就寝。。。

そんなこんなで借りた&買った本。

購入:

浦沢直樹・手塚治虫著『PLUTO』1巻(小学館,2004.11), 同2巻(小学館,2005.06)
森岡浩之『優しい煉獄』(徳間書店,c2005 トクマ・ノベルズ EDGE)

雑誌『活字倶楽部』8巻37号(雑草社,2005.06)

借用:

クロード・アジェージュ著『絶滅していく言語を救うために』(白水社,2004.03)
L.K.オブラー,K.ジュアロー著『言語と脳』(新曜社,2002.06)
大津由起雄ほか著『言語研究入門:生成文法を学ぶ人のために』(研究社,2002.04)
私市保彦著『幻想物語の文法』(晶文社,1987.04)
波平恵美子『からだの文化人類学』(大修館書店,2005.03) ほか。

投稿者 Myrmecoleon : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月08日

『問題な日本語』ほか2冊@生協

大学生協の書店にて購入。

北原保雄編『問題な日本語』(大修館書店,2004.12)

なんか巷で人気なので。そういや昔に受験した頃の筑波大の学長だった人だわ。
日本語ブームのキノシタドジョウかと思ったけど,立ち読みして悪くなさそうだったので購入。実家に帰るときにでも読みましょう。

遠藤秀紀『パンダの死体はよみがえる』(筑摩書房,2005.02)

生協にいくたびに並んでて,気になっていた一冊。動物解剖の本ですね。この分野は珍作が多くて良い。

真田信治『都道府県別 気持ちが伝わる名方言141』(講談社,2005.01)

今日見かけて買ってしまいました。「ものづくし」系は惹かれますよねぇ。
前に職場の仲間と飲んでたときに方言の話になったのを思い出しました。話題づくりにはいいかも。

投稿者 Myrmecoleon : 22:13 | コメント (0) | トラックバック