« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月18日

「図書館の自由」に関して - 『図書館戦争』感想・その2

有川浩著『図書館戦争』(メディアワークス,2006.3)

『図書館戦争』

前回の感想をふまえて。改めて書いてみる。

某所で以下のような意見を見る。

>読者としてはしゃぐのはかまわんのだけど,決して図書館員としてはしゃいではダメだす。業界はそんな脳天気な気分でいる状況ではない

ああ痛いっ;
いや,「図書館の自由」の部分ではしゃいでたわけではないのだけど。でも少しはしゃいでたかもしれない。

ただ,前回の感想を書いていた時点でも,実は感じてなかったわけじゃない。「正論」に関する思いつきでずんずん進んでいってしまっただけで,作中も含めて,違和感はあった。


図書館の自由宣言(正しくは「図書館の自由に関する宣言」)。

そもそも学生時代にこの宣言について知ったとき,自分の感想は「わあ,それは素晴らしい思想ですね」ではなく「なんか政治臭いなー」だった。最後に「戦う」とか書いてあるのがなんとも。
まあ発想自体は理解します。焚書や検閲といった暴走は資料提供の範囲をせばめ,図書館という思想(情報を収集し整理し提供する)そのものの機能を阻害する。確かにそれは問題であり,その動きがあるのなら反対すべきだろうというのはよく感じる。
ただ,「そんなことにかかずらわるより先にすることがあるんじゃないか?」と感じたのも事実。自分はむしろ図書館の実学的な側面の方に興味をもってしまい,使いもしない分類法とかレファレンスの技術とか機械化や電子図書館の可能性だとかばかり勉強していた記憶がある。これはこれで問題なんだろうが;

現実に図書館で働いていると,そんな不当な検閲やらで見られなくなっている資料よりも,自身の未熟や目録の不整備のために確認できなくなっている資料の方が多い。
自主規制的な検閲は確かに問題だが,それよりも灰色文献をどのように入手するかの方が学術図書館としては重要であったりする。

正直なところ,思想としては「図書館の自由」よりランガナタンの「図書館の5原則」の方が好きだ。

第1原則 図書は利用するためにある。(Books are for use)
第2原則 図書はすべての人のために存在する。(Books are for all)
第3原則 すべての本を読者に。 (Every books, its reader)
第4原則 読者の時間を節約せよ。(Save the time of readers)
第5原則 図書館は成長する組織体である。(A library is a growing organization)

特に,よく言われる第五則の「成長する有機体」よりも第四則の「読者の時間を節約せよ」が好き。こここそが「図書館」の最大の意義であるように感じる。

誰だって,ある本を入手しようと思えばできる。たとえばお金を払えば一般に流通しているほとんどの本は手に入る(そういう時代になった,とも言えるが)。確かに世の中に存在しない本は手に入らないかもしれないが,その代替がありえないとは限らない。無限の時間とコストを支払えば,実在していて手に入らない情報はほとんどない。
その前提があってはじめて図書館の価値がある。
その人の一生を費やさなければ入手できなかっただろう文献を入手できるという機会。まったく縁のない,しかし必要な知識を手に入れるのに,頼りに出来る街中の図書館。自分であちこちを調べるよりも,すぐに何を読めばいいか教えてくれる司書。ここにこそ図書館の価値はあると思う。

文献の提供に関して,現代では重要なのは蔵書というバックボーンよりも,目録や書架,レファレンスといったインターフェイスの方が重要になる。その点,あくまで蔵書の問題や利用者のプライバシーばかりを重大とする自由宣言は,正直なところあまり好きではない。

(ちなみに無料原則も実は嫌い。なんというか,サービスの幅をせばめてしまっている気がする。無料であるがゆえに価値のあるサービスもあるが,そのために有料であっても望まれてるサービスが阻害されるのは不適切だろう。自由原則の第3条も同じ問題点をはらんでいる)

前回の感想にも書いたが,自由宣言はあまりに「正論」なのだと思う。
言っていること自体は間違ってはいない。確かに検閲は正常な情報流通上で忌むべきものだ。たとえば最近の話題の,Googleによる中国国内検閲などは,どうにかならないものかとつくづく考える。
しかしながら,それがすべてに前提する「正義」だとは思えない。
大切なのは,あることについて知りたい人が,その知りたいことを知ることのできること。また,伝えたいものが,知るべき人にそれを伝えることができること。ランガナタンの第二則と三則。
検閲への反対やプライバシーの保護は,そのための問題を排除するための「手段」であり,現実の目の前の利用者や,いま現在可能なサービスを無視してまで主張するようなことではない。


そのへんで,『図書館戦争』を読んでいる中で違和感をもったのは確かである。あまりに「図書館の自由」を持ち上げすぎている。
もちろんエンターテイメントだから,主軸を「自由宣言」においた以上,ほかの部分に手を出すのは適当じゃない。構成上仕方なかったんだと思う。
けれど何だか図書館がひたすらに「反検閲」機関でしかないような描き方は少し違う気がしたのは確か。序盤は図書館員としての仕事にもスポットが当てられていたが,後半はほとんど「図書館員」より「図書館隊」の物語になって寂しかった。自分の主業務であるレファレンスも,言葉だけで実例は無し。

もちろん,政治が暴走し,あのような状況になったら反対しなければならないとは感じる。だが,それがすべて,ではない。だから『図書館戦争』での図書館の描かれ方に違和感はあり,手放しに肯定できる作品ではないのは感じていた。


ただそれでも,一読者としていい作品であると思えたし(現在のラノベの水準でも高い方),また図書館員としても(「図書館の自由」をさっ引いても)よく調べてあって好感が持てた。
(というより,むしろそれ以外の図書館関係の作品がひどすぎるというのが実際だが;)

またそもそも,自分のよく知る図書館という舞台が,自分の大好きな特撮ヒーローのように演出されるのは正直面白かった。無責任に無自覚にはしゃいで,という批判はあるのだろうけれど,図書館員でもある読者として面白いという気持ちは偽れない。
県域を越えて資料提供以上の協力体制をとっていたり,それで人事権を自治体から奪って技能のある人を雇えたり,あれやこれやで莫大な予算をゲットしたり。そんな“ありえない”けれど“もしあったら?”のSFにわくわくしたのも確か。その点,完全にファンタジーな「ビブリオン」よりもあきらかに楽しかった。

この作品が「図書館の自由」のプロパガンダに使われるのは正直なところ癪である。
けれど,これで図書館についての認識が変わるのなら,という期待はある。
何より,「図書館員である読者」として,この物語は面白かった。是非是非続編が読みたいと思う。

そういう意味で,この作品はやはりはしゃいでしまうなー,というのが冷静になった今でもの感想であります。
(まぁ,自分新人であるし。未熟なのかもしれないけどなー;)

投稿者 Myrmecoleon : 23:17 | コメント (3) | トラックバック

2006年02月12日

IIB更新(→3030レコード。関連レコードへのリンク機能ほか)

IIBを一部更新。更新内容は,

  • レコードの追加(→3030件)
  • VIEW画面に関連レコードへのリンクを追加。
  • トップ画面の説明をちょっとだけ修正

次回は来週にレコードの追加のみ予定。システム系の改造は来月を予定。

投稿者 Myrmecoleon : 23:28 | コメント (1) | トラックバック

2006年02月11日

正論の使い方。

有川浩著『図書館戦争』(メディアワークス,2006.3)

『図書館戦争』

あらすじ。

国民の無関心を背景に無制限の国家検閲を定めた「メディア良化法」に対抗し,「図書館法」が改正され「図書館の自由宣言」を立法化。重火器まで使用しあらゆる出版物を取り締まろうとするメディア良化特務機関に対抗するために,図書館もまた武装した。不当な検閲に対抗するため,図書館は日々,文字通りの「戦争」を余儀なくされる。
かつてメディア良化法の検閲より大好きな本を奪われそうになった少女・笠原郁は,それを救った一人の図書館員に憧れ,自身もまた図書館員を志す。軍隊さながらの研修を終えた彼女は,メディア良化法との戦いに直面していく……

「君たちは――公序良俗を謳って人を殺すのか!」

しばらく前から図書館界隈で少し話題になっていたこの本。発売日と聞いていたので,仕事帰りにちょっと遠い書店まで足のばして買ってきちゃいました。
そして読む。うわ,これけっこう面白いぞ!?

表テーマは「戦う図書館員」。裏テーマは「正論の使い方」ってところでしょうか。
検閲組織と(文字通り)戦闘を繰り広げる図書館員たちの人間模様を描きながら,「正論」(正しいこと)を言うことの意味や危険が上手く示されてます。正論(一見正しいと見えるようなこと)を言って大事な本を奪い去る検閲組織に対し,正論(図書館の自由という理想)をかかげて戦う図書館員たち。しかしその内部でも本音と建て前がちらほら。

「正論は正しい,だが正論を武器にする奴は正しくない,お前が使ってるのはどっちだ?」

正論は他人を責めるためにあるのではなく,自分を戒めるためにある。人間関係のもつれの中でこれを述べさせながら,検閲や規制の問題の批判になっているというのがなかなか上手い。
物語もなかなか楽しめて,続編が期待できます。どのキャラもいいなあ。次は大学図書館の人とかも出して欲しいなー。

図書館関係もなかなかよく調べてあって好印象。というか,むしろ業界の人しかわからんぞこんなネタ,ってのが多数。日野市立図書館とか言ってわかる一般の人がどれだけいるのか。
あと,多分構成上の都合ででしょうが,配架とかレファレンスとか著作権とかの基本的なところが省略されてるのは残念でしたかね。

しかし,よくよく読んで思うことは,本当にメディア良化法みたいなものが施行されたとして,そのとき現実の図書館は戦えるのだろうか,ということ。
そもそも図書館法の改正にこぎつけるのも難しいだろうし,地方自治体から全国的な連合組織に移行するなんてどうすればできるのか。銃器の使用は冗談としても,真に「図書館の自由」が犯されたとき,作中の図書館員たちと同じ情熱をもって我々は戦えるだろうか?

もしそれができないのなら「図書館の自由宣言」なんて,理想だけで実のない「正論」に過ぎない。

「選ぶべきものを選ぶときに選び方を躊躇する奴は口先だけだ」

作中である老人は「本を守ることを謳って人を殺すのか」と迷い,それでも規制に抗うために戦うことを決めた。
真に戦わなければならないとき,我々は迷うことさえできるだろうか?

投稿者 Myrmecoleon : 01:32 | コメント (398) | トラックバック

2006年02月07日

電気用品安全法,雑感。

関連エントリ:
電気用品安全法について調べてることを適当にまとめ。
電気用品安全法と媒体保存の問題

この件をヲチし出してもうちょいで2週間ですが,爆発的に広まったりはしないわりに,長く燃えてますねPSE。
まぁ,経産省がまともに動くか,あるいはタイムリミットが来るまで終わるに終れませんが。
3月31日はあちこちでカウントダウンとかするのでしょうか。洒落になりませんが。

個人的なスタンスとしては,この法律をどうにかしたいというよりも,現状が本当のところどういう状態なのか,ということをはっきりさせたい,というのが正直なところ。基本的に自身には切実な影響はないのです。ただ,このままほおっておくといけない予感がある。
何かヤバいものが動いてる気はするんです,でもそれがモヤモヤしてるままアクションを起こすのはむしろ危険。できるだけ真っ当な情報を集めて,自分も含めて現状を考える基礎にしたい,というのが今のところの行動。

そういう視点からみると,現在はメディア論的に面白い状況かもな,という感覚を覚えたり。ブログ・2ch・mixiが相互に影響しあって,少しずつ拡大してるのがなかなか面白い。
自分がmixiをはじめたのはごく最近だけれど,コミュニティを通じた情報の伝播にはなかなか驚かされます。また,なんだかんだ言って一番強力な一次情報が集まってくるのは2ch,というのも興味深い。
ブログは初期の「それをすててはいけないblogに見えるように,簡易的なまとめサイトとして情報を集中・深化させるのになかなか有効であることがわかる。その機能は現在はWikiのまとめサイトに移行しましたが,管理上の問題や負荷などがいろいろと大変そう(よくページが消えたり。現在も読めない状態になってますね)。

ただ,情報の伝播や電凸情報の収集などにはこれらは強力なのですが,初期の一週間が過ぎてもほとんどの人が改正時の議事録情報などにたどりついていなかったのは少しガッカリかも。調べようと思えばネット上ですべて調べられたのですけどね。
「船頭多く集まれば」ではないですが,情報というのはやはり調べる能力をもった人間が関わることが必要なのだと痛感しますね。どうせ誰かが広めると思っていたのに,誰もしなかったのでしょうがないのでmixiや2chで宣伝しちゃいました(ぁ きっとIIBより見に来た人多いなあ,今回。
今回の件を知って,電気用品取締法から現在までの改正の流れとか,改正時の状況とか,新聞等の報道であるとか,ちゃんと調べた人ってどのくらいいるのか疑わしい。まぁ,自分も法の条文なんかについては誤解がありそうな気もするんですけどね。


あと誤解の流布に関して。mixiあたりで少し騒いでることですが(自分は不干渉),「中古楽器全死亡」とか「個人売買も不可」などのあきらかに誤った内容のコピペが,音楽関係を中心にチェーンメール的に広まっているらしい。ああいうのはどういう意図でやるのかよくわからないが,集団ヒステリー的状況(パニックで,別に違法でもないのに手持ちの楽器等まで廃棄するとか)を導きそうでちょい危惧しますな。ちょっと見たら公開されたブログなどにもその手のコピペが貼ってあったり。
単純に広めるだけなら有効なんですけどねー,ああいうのも。この問題については,誰も正確なところを把握できてないというのが実際なわけで,誤解をよばない適切なテンプレ,ってやはり作りづらいかもしれない。むう。


しかし予想通り,着実に騒ぎが広まってますねえ。
仮に経産省が本気で中古店を取り締まる気がないとしても,このままじゃタダではすまないかも。すでに4月に閉店を決めたお店もあると聞くし。この件で首を吊る人がいたとしても,もはや不思議じゃない。
本気で法にストリクトに執行するつもりなら,処罰の対象になる小売りへの周知が不足し過ぎているし,もしその気がなかったとしても,責任ある立場である経産省が現状の騒ぎを看過していてはいけない。
ネットおよび中古店間でのこの「騒ぎ」自体が,既に彼らがコメントすべき対象になっていると感じる。いつまでほおっておくつもりなんかねえ? まさかまだ気づいてないというわけでもあるまいに。

追記:
mixi中心に広まってる上記コピペの初出をたどってみた。ってもWebとmixiの日記検索しただけですがw
2/3早朝あたりまではたどれる。そこの日記の主が元ってわけでもないでしょうけど。
(さらに追記:調べたら2/1夜のものあり。しかもそれもコピペで元があるらしい。どこかのクローズなコミュニティからか?)
もっと最近かと思ったけれど,これも口コミで少しずつ広まってきたのですな。ふむ。

しかし,あるはあるわ。同一文面で1000件近くあるとは……。というか,実際に周知効果高い気もするなあ。案外有効に働いてるかもしれない。「どういう意図でやるのか」とか書いちゃいましたが,すんません。けっこう効いてます。
特に多少名の売れてるアーティストの人(自分にはよく分かりませんが)も反応を示しているらしく,アーティスト間の横のつながりでかなり認知が広まっている様子。誤りを含む文面であるのは残念ですが,必ずしもネット時間の多くないような方面へもこれでかなり広まったかもしれない。mixiでこれだけ動いてるなら,メールなどでも広がっているだろうし。とりあえず「誰も知らない」という状況は打破できる可能性がある。
もちろん,誤解からのパニック等危険はあるわけですが,それはこれまでの状況でも予想できたことで。むしろ,(少なくともただのヲタよりは;)発言力のあるアーティスト界隈に大規模に広まったのは,僥倖というべきなのかもしれない。

あとはTVあたりでちょっとでも言及されればねえ・・・・・。
# 週刊アスキーに載ってたけど,大騒ぎしてるのはどこ見回しても私だけらしい。ヘタな地方紙より影響力あると思うんだが,大半はそうはとらえてない様子。教えてまわろうとも思ったが,なんかアスキーのまわしものみたいで嫌なので自粛。 2/9 記。

投稿者 Myrmecoleon : 19:32 | コメント (331) | トラックバック

2006年02月02日

電安法? それよりこっちが気になるナ。

電安法飽きた(マテ いや,熱心に調べすぎたようん。ちょっと息抜きします。
面白そうな情報見つけたら,またエントリ更新しますけどね。


国会図書館、独法化へ

国会図書館を独法化する案があるらしい。……ってええっ!?
何考えてるんだ自民党。国の記憶ともいうべき国立図書館を法人化?
「副業」って・・・・・・電子化もこども図書館も立派な事業ですよ。

まぁ,自分の居場所も似たようなものですけど。でも,国を代表する機関である国立図書館を法人化って……。


独立行政法人の定義。
「国民生活及び社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあるもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるものを効率的かつ効果的に行わせることを目的として、この法律及び個別法の定めるところにより設立される法人」

そーかそーか。「国が主体になる必要がない」ですか。国会図書館設立時の理想とかどこ行ったんでしょうねぇ。
「真理がわれらを自由にする」か。やれやれ。
またこの国から逃げたくなってきたなぁ・・・・・・。

しかし,そもそも「国立国会図書館」とは単館の名称ではなく,各府省庁と最高裁判所の支部図書館も含めたものなんですが,どうするんでしょうね? 府省庁や最高裁判所の中の一部署が法人化したらいろいろめんどうだったりせんのかね?
支部図書館ってもほとんど資料室も兼ねてるわけで,国会図書館でストライキが起きて,府省庁や最高裁判所が機能しなくなったりしたら笑うなあ・・・・・・・w でも法人職員なら,労働者の権利としてやっていいんですよねぇ,ストライキ。まあそれはJRとかNTTとかも同様か。

あともちろん,忘れちゃならない全国自治体図書館へのサービスもあります。今後は公務員である公共図書館を非公務員である国会図書館がサービスすることになる? 不思議な話。
そういうことになると,今後はますます公共図書館の非公務員化が進むのかな? それこそNPO法人○立図書館? 自治体がバックにつく場合とかどういう名称になるのか知らんけれど。確かにサービスの多様化は望むけれど,最低レベルの保証なしに,ああいう公益的なサービスが維持できるもんなんだろか。

むー。

とはいえ,すでに行政法人化して運営してるトコはたくさんあるわけで,そういうこと考えるとそれほど無謀でもないのかもしれない。というか,公務員になったことがないのであんまり違いがわからないのですよね。
いっそ何でも法人化してしまえー とかいう気持ちもあったり。そうそう,まず国会議員を法人化しようっ(ぉ

投稿者 Myrmecoleon : 19:26 | コメント (271) | トラックバック

2006年02月01日

電気用品安全法について調べてることを適当にまとめ。

電気用品安全法(以下,PSE法と略)に関する,ほぼ個人的なメモ帳です(ぉぃ

注目! この件に関する報道

「“電気用品安全法”の影響で一部中古ゲーム機の販売が不可能に」
by 「週刊アスキー」2006 2/21号 p.34

家電製品などの安全性を確保する目的でつくられた“電気用品安全法”の影響で,4月から基準を満たしていない製品の販売が規制される......

--ネット外の報道第一号が来ましたー。投稿とかでなく,ちゃんとニュース記事ですよ。さすがだ週アス!


今回の件で見かけたまとめサイト各種。

どんな問題があるの? とかいう話題はこっち。


(電気用品安全法(PSE法)反対OFFスレ ◆LAegO8BT2oさん作)

配布ポスター用画像や大・中・小のバナーも出来た様子。配布画像は↓から。
「電気用品安全法に反対します」


えっ? 4月からレトロゲーム機の販売が規制される!?
(それをすてるなんてとんでもないblog)

--レトロゲーム系で最初に出たエントリ。この話題の情報の流れのセンター的な役割を果たしていた。その後出たまとめエントリがこちら

電気用品安全法 ~ PSEマークのない電気製品にはご注意を!
(副業でインターネットのリサイクルショップをやろうよ!)

--リサイクルショップ向けのガイドライン。よくまとまっていて便利。

電気用品安全法@2chまとめ

--今回の件のまとめWiki。まだ出来たばかりで必ずしも情報はまとまっていないが今後に期待。
(→やっと情報が集まってきましたね。現在はここが中心的存在)

カントリーロード「PSE」バージョン
--うはっ 替え歌mp3まで出来てました。なお,内容には誤りもあるのでネタと思って聞きましょう。(2/7 追加)


経産省のページ。

ほかんとこにまかせる(マテ


法文関係。

電気用品安全法(昭和三十六年十一月十六日法律第二百三十四号)
--大本。販売不可等の根拠はここ。元・電気用品取締法。

通商産業省関係の基準・認証制度等の整理及び合理化に関する法律(平成一一年八月六日法律第一二一号)
--いくつかの法律の改正案がまとまったもの。わかりづらいが,この法律で電気用品取締法→電気用品安全法に改正された。5年猶予などの根拠もこのときの改正に関わる。

電気用品安全法施行令(昭和三十七年八月十四日政令第三百二十四号)
--電気用品安全法の施行に関わる政令。対象となる電気用品はここで指定。

電気用品安全法施行規則(昭和三十七年八月十四日通商産業省令第八十四号)
--上記の法・政令を実際に施行するさいのやり方や,対象製品の細かい区分など。


法改正の経緯。

電気用品取締法の改正案(通商産業省関係の基準・認証制度等の整理及び合理化に関する法律案)が可決された流れがこちら。詳しい内容がこれ。改正時の対照表はこちら。当時の議事録は以下。

簡単にいえば「4月に法案提出 → 6月に衆議院可決 → 8月に参議院可決 → 8月6日公布」というかたち。

衆議院(商工委員会 12本会議
参議院(経済産業委員会 12本会議

#2/4 19:57 商工委員会と経済産業委員会の2回目,リンクが間違ってました; 修正。


問題の初出?

オーディオ懐古録:掲示板

(現在この話題はこちらへ移動。荒らしちゃダメです)
--とりあえず見たかぎり,ネットではここの1月18日早朝の書き込みが一番早い? とはいえ,ショップなどではすでにセールや買い取り拒否の動きがあったらしく,口コミでこれ以前に知っていた人も多いらしい(17日くらいの書き込みもどこかにあったか? 情報あったらくださいナ)。
ハードオフの貼り紙画像の初出もここ。また,ショップ間で「ハードオフに経産省の指導が入った」という噂があったことが確認できる。
なお,PSE法関連の話題はいまは新掲示板へ移動しており,そちらでは活発な運動が行われ,すでに国会議員の反応や地方紙への掲載などの成果をあげている。

その他,ハードオフな日々掲示板で18日夕方。ここもおそらく口コミ?
こうしたところから波及していったのか,blogや2ちゃんねる,mixiなどで20日頃から話題になっていったという流れらしい。

# 2/2 追記。
質問:電気用品安全法の施行で
(教えて!gooコミュニティ)

13日の書き込み。質問も回答も誤字や誤りが多いが,今年になっての初出である。
偶然知ったというより,やはりオーディオ店・中古店がらみの口コミか。
すでにこの時点で経産省の指導などがあったのかもしれない。


今年以前のPSE法についてのページ

電気用法安全法概要電気製品の安全
--わりと以前からPSE法について考察してたっぽいサイトの解説ページ。やっぱり問題のある法律とは認識されていたらしい。規制緩和といいながら,旧乙種(危険性の低い電化製品)については規制強化だ,とか。ただし,今回のような中古品の取締りについては言及していない。

オーディオ聖地巡礼記2004年3月
オーディオみじんこ
--2004年のときのケーブル類の規制に関する記録。多数のケーブル類が店頭から消えたらしい。もっとも同じく8月の日記によれば,これらは多くが元に戻ったという。

■電気法改正関係話題スレッド
(ピュアオーディオ@2ch掲示板のGoogleキャッシュに残ってた過去ログ)
--2ch掲示板の過去ログだけど,ファイルは過去ログ保管庫のものかな? 同じく2004年のときの。なんか今と似たようなことやってます。


とりあえずここまで。と。ほかにもいろいろ情報を見つけてるので,また更新します。
# 情報源として重要なため個人サイトさんもあげてますが,もしリンクをはずして欲しいなどの要望があればすぐはずします。

投稿者 Myrmecoleon : 21:10 | コメント (237) | トラックバック