« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

電気用品安全法について続き。

やはり気になって,仕事の休み時間や帰りにちまちまセルフレファってます。
改正案可決前後の議事録とか,新聞記事を検索したりとか,なかなか面白い。あの法案を出したときの通産大臣って,与謝野馨氏なんですねえ。現役の大臣。
ヤツが黒幕かっ,ってのは一応冗談。

どうも,問題の根幹は経産省が「中古店も取り締まりますよー」という意思表示をしてきたところにあるらしい。
この問題がネットに広まる発端となったある掲示板(非2。17日の夜ぐらいにこの件の書き込みがある)では,中古店界隈でハードオフに経産省がこの件について指導したという噂があったらしい。
この噂の真偽はわからないものの,少なくともハードオフらが買い取り拒否の貼り紙をするなどのアクションを起こしたことで,「あの法律って,製造品を取り締まるもので,販売店やそもそも中古は関係ないでしょ?」という認識が「え,中古でもやばいのっ?! 取り締まり入るの?」に変わってきたこと。
これがこの問題の根幹と読める。

確かに法文自体は穴だらけなんです。本気でとんでもないものまで取り締まれる。いろいろ穴があるし,厳密に執行した日にゃ,日本の近代文化がほとんど完膚無きまでに滅びます。
ただ,法律はそういうのって,必ずしも珍しくはない。法律では大枠を決めておいて,もっと現場に近い運用のレベルで調整する。非常識な運用をしない。それが真っ当なお役所なのです。

だからこそ,これまでこの法律の問題は誰も問題視しなかった。確かに2004年にオーディオ店でケーブル類の絶滅があったが,それも一時的なことで,実際に摘発されたところは一つもなかった。どうせそんなもんだろう,というなあなあな認識が客・店双方にあった。
この認識を打ち破ったのが,ハードオフ等のアクションであり,あるいはその背後にある(かもしれない)経産省などの指導だろう。

こういうふうに問題をみると,この現状において,いたずらに広めていくのはむしろ危険であることがわかる。不十分な情報のために,自棄な大セールや,自主規制的な廃棄が行われないとは限らない。もし,真に経産省が大規模な取り締まりを考えてないなら,むしろ集団ヒステリーのたぐいとして機能してしまう。

だが,あくまで“大規模な取り締まりを考えてない”が前提である。もし最近になって経産省が考え方を改め,本気で中古市場も含めてストリクトに取り締まる気になったとしたなら,このタイミングでそれに気づけたのは,手遅れではあるが,好機ではある。世論を動かし,そうした考えを改めさせなければ,いずれ日本の重要な近代文化の遺産や,高品質の音楽機器などが不当に廃棄される可能性が高い。

これがどちらであるか。それはまったく,内部でしかわからない。
そしてそもそも,現状の流れから集団ヒステリーの道をふさぐ方法は,経産省の明確なコメント以外は考えられないだろう。さすがに中古品を「取り締まらない」とは言えないだろうが,無闇に取り締まることをしないと明確に表明してさえくれれば,多くの中古店は安心して商売を続けることができるだろう

(いまから法改正はほぼ考えられない。いくらなんでも手遅れ過ぎると感じる)


とある掲示板をみているとこの件は,おもちゃコレクターでTVにも出ている北原照久,民主党の議員,地方新聞社の読者欄など,メディアや政治に影響力のあるレベルにも徐々に広まっているらしい。経産省に電凸する人もかなり多い様子。そろそろこの現状に気づいて,経産省で何らかの対応をしてくれないか,と思うものです。

投稿者 Myrmecoleon : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月29日

電気用品安全法と媒体保存の問題

なんか,4月から古いゲーム機や中古アンプなどが売れなくなるとか。

それをすてるなんてとんでもないblog:
えっ? 4月からレトロゲーム機の販売が規制される!?
電気用品安全法・・・ちょっとだけまとめ。

規制対象製品はこの表この表のとおり。5年猶予のヤツ。
細かくは正直よくわからんところだけど,おおむね,電源内蔵で2001年以前に発売されたヤツはほとんど危ないらしい。

まぁ,2001年施行の法律なんで,知ってる人にすればいまさらなのかも(自分は知らなかった)。猶予期間が今年で終わる,ってことですね。どっかの貸借権みたいだ。


で,この表の品目みていくと,「マイクロフィルムリーダー」とか「レコードプレーヤー」とか気になるものも混じっています。古いPCなども該当するらしい(1/30訂正。PCが該当しない根拠を確認。確かに対象製品のリストに入ってない)。このへんの古い機器は,中古も含めて図書館で今後購入できなくなるおそれがある。

図書館には図書以外に,視聴覚資料や電子資料のたぐいも保存しています。その収集は人気取りの部分もあったでしょうが,それでしか提供できない情報などもあったわけで,現在でもテープやLDが図書館に転がってることはそれほど珍しくない(マイクロフィルムは保存関係の長があるので一応現役かな?)。

しかしそれらの再生機器というのは,とっくに業界が手を引いたり,独占的に作ってた会社が倒産してたりして,もう製造されていないケースも多いのですよね。かといって資料を別のメディアに媒体写しするのは,著作権法上いろいろと制約があったりします。とりあえず,時代遅れであっても古い再生機器は保存しておく,というのがたいがいの図書館で妥当な対応と思われます。

でもまあ,機械は故障するわけです。館内に一つしかない再生機器が壊れたら,その資料は利用することができない。そして,必ずしもそれを修理できるメーカーが存在しているとは限らないのですね。
このときの一つの選択肢として,中古品を探して購入する,という手段があります。世の中マニアとか物持ちのいい人ってのはいるもので,とっくに生産終了している機器でも中古市場ではまだ在庫あり,ってことは珍しくない。修理は不可能でも中古品を購入すれば,サービスは持続できるのですね(根本的な解決じゃありませんが)。

しかし,上記の法律の施行のため(正確に言えば猶予期間の終了ですが),これが不可能になることが考えられます。いま手持ちの機器が壊れたら,二度と再生できないソフトや資料が出てきそうです。

レトロソフトファン(サターンとかが対象に入るとか)やビンテージオーディオファン,あるいは昔のゾイドだのトランスフォーマーだのでも対象に入るのかな? このあたりのヲタ・マニア・コレクターの人には切実な問題なわけですが,図書館員も無関心ではいられないかなー という話。

天下りとか消費拡大とかそういう悪巧みはいまさらだけど,そのせいで貴重な資料や物品が消滅していく可能性が高まると思うと,ちょっといらだつ気持ち。しかしほんとにまるで知らなかった。自分の無知か,報道の手落ちか。


ああ,しかしコレクション目的の購入もダメなの? 戦前戦後の電気機器とか,それこそ博物的価値のあるものがいくらでもあると思うのだが……。ああいうのを集めてる博物館さんにも影響してくるのだろうか。考えすぎかなあ。


同 18:40 追記

コレクション目的もダメらしい。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1138129361/


90 Name: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! [] Date: 2006/01/28(土) 18:36:55 O ID: Be:
家電ではなく骨董品として売る
使うか飾るだけかは購入者の勝手

92 Name: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! [] Date: 2006/01/28(土) 19:45:41 0 ID: Be:
>>90
それは電凸済み。

「電気用品」の定義があって、電源部分を外してしまわないと
「骨董品」「装飾品」としては売れない。またユーザーが多少の工作を加えて
完動品になる場合も、半完成品とみなされてNGだとさ。

つまり,愛知万博に並んでたような昭和の電気機器(冷蔵庫,炊飯器,テレビ等)なんかも,そのままでは販売できないらしい。近代を対象とする博物館とかが,仲介業者をおいて収集するのはブラックってことですか。

(個人から直接入手するのは問題ないだろうけど。つーか,その手のコレクションを移管する場合とかどうするんだろ?)


あと,報道がないことについては,個人の無知というより,本格的に報道がなかったらしい。

mixiより


Q
「特にリサイクル店をはじめとしてこれほど大きな影響を及ぼす法律なのに
周知活動というのは官報以外に具体的にどのように行って来たのか?」

A
「官報は勿論だが、電気業界団体に向けたセミナーなど積極的にやってきたつもりだ。
消費者へというよりも電気用品を作る側へ向けた安全規定の法律なので消費者に向ける
性質のものでもなかったと解釈していた。」

※リサイクル店の事など何も考えていなかったそうです…

意図的な弾圧とかは言ってもしょうがないが,完全に広報不足。というか,一番影響を受ける楽器店や中古店でも「そんな法律知らなかった」とか「中古は対象外と思ってた」という反応が主だったり;
ただ,この法律の最初の施行は2004年(このときはオーディオの電源ケーブルなどが対象となった)で,そのときのことを書いているWeb日記もあり,そこでも

2004.3.30

電気用品安全法改正まであと1日

4月1日から販売できなくなる電源アクセサリーは急いで購入しよう!

あと1日足らずで電源アクセサリー製造販売の規制が強化される。この電気用品安全法改正に関して、オーディオ雑誌でほとんど取りだたされていないのが不思議だ。今まさに多くの電源アクセサリーブランドが日本市場から消えようとしているのに。特に、高音質な電源ケーブルが危機に瀕している。(後略)

としてほとんど報道はなかったとか。やっぱ圧ry(フガググ


ただ,まったく情報が漏れてなかったわけじゃないのだから,それこそネットでもっと以前から意識してなきゃいけない問題だったなあ。そういう意味で,なんというか無力感を感じる。調べようと思えば調べられただけになおさら。。。。
でも,いま調べてる情報を見るかぎり,正直4月1日に何が起きるかわからん。勘違いして自暴自棄になるヤツも出るだろうし。ショップの在庫なんて,既にセールでめぼしいものは売り尽くしてるという話。暴動が起きるか,音楽の才能たちが流出していくのか,あるいはただ静かに,日本の近代の遺産が消えていくのか。
いずれにしても,なんとも哀しい話である。

投稿者 Myrmecoleon : 12:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月28日

仕事系: Webcat Plus が一本化先延ばし。

2006/1/27  2005年度中にWebcat Plus と Webcat を一本化することは、見送らせていただきました。
Webcat Plus トップページより(2006/01/28 現在)。

↑なんか Webcat Plusが旧バージョンのWebcatと一本化する話が先延ばされたらしい。

・・・・・・いや,なんで?; 理由がどこにも書いてないよ?

まぁ,Webcat Plus はデフォルトのトップページが連想検索なのでとまどいやすいとか,一致検索モードもデフォルトで雑誌のチェックがはずれてるので一手間多いとか,インターフェイス的に妙なトコがあちこちあるんですけどね。わたしゃ利用者に説明するときは毎度「このリンクひらいて,一致検索の方にいって,忘れずに雑誌のチェックいれて」と説明してますし。めんど。

とはいえ,中身のデータは完全に上位互換なワケで,さっさと一本化しちゃえばいいのに,と思ってたのだけど。まぁ,してもしなくても利用者的には同じだけどさ・・・・・・んー,なんでだろ。

投稿者 Myrmecoleon : 22:31 | コメント (158) | トラックバック

2006年01月27日

うわっ;

1000アクセス目,自分で踏んでしまった;
いや,キリ番とかはむしろ嫌いなタチなんですが,こういう「いい数字」を自分でやっちゃうと・・・・・。
この前みたときはまだ数回残ってたのになあ。むう。

投稿者 Myrmecoleon : 20:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月24日

さいきん読んだ本をだらだらと。

『紅(くれない)』

片山憲太郎著 『紅(くれない)』 (集英社,2005.12)

「――正しい選択肢なんてもんはない。選んだ後で,それを正しいものにしていくんだ」「……前向きですね」「後ろに何がある?」

(『電波的~』より好きかもしれん。ただ,銀子ちゃんの扱いが悪いね。)

『ヤクザに学ぶ組織論』

山平重樹著 『ヤクザに学ぶ組織論』 (筑摩書房,2006.01)

「ヤクザもの,馬鹿じゃ出来ない,利口じゃやらぬ。中途半端じゃ,なお出来ぬ」

(ちょっとヤクザ通になれます。)

『SEの教科書』

深沢隆司著 『SEの教科書』 (技術評論社,2006.02)

(単純に参考になりました。紹介されている業務フローの本を読みたいが,近くでおいてる図書館ないなあ。注文すべか)

『駅伝がマラソンをダメにした』

生島淳著 『駅伝がマラソンをダメにした』 (光文社,2005.12)

(正月の箱根が面白かったので。あんまり興味なくて知らなかったが,聞いてみればなるほどもっともな。母校があんまり取り上げられてなかったのがさみしい。)

『必笑小咄のテクニック』

米原万里著 『必笑小咄のテクニック』 (集英社,2005.12)

(以前著者の本が面白かったので。今回は残念。ことあるごとに小泉ネタが出るのに飽きた。)

『できる教師のデジタル仕事術』

堀田龍也ほか著 『できる教師のデジタル仕事術』 (時事通信社,2005.12)

(教師のだけど,図書館員にも通じるところがあると感じて衝動買い。実はまだ読み途中。とりあげられてる先生方のタイムスケジュールを見て,一念発起して最近は早起きしてます。)

投稿者 Myrmecoleon : 20:47 | コメント (673) | トラックバック

2006年01月20日

朝風呂とか mixi とか IIB とか。

またご無沙汰。
別に忙しいとかじゃなく,単純に書きたいと思わないと書かないだけです。

今年から一念発起して,早起き朝型に変えてみてます。いまだに遅刻ゼロです(いや,社会人的には当たり前なんですが)。
今朝は特に早起きできたので朝風呂に入ってみました。仕事前にゆったりお風呂って幸せ。朝の時間に余裕があると,一日中なんだかゆったりできていい感じ。早朝から頭まわりますし。
ただ,22時くらいにもう眠くなってきてしまうのが・・・・・・いや,早寝できて便利なんですけどね。

今月のはじめくらいからmixiをはじめました。一日一時間程度のペースで遊んでますが,なかなか面白い。
コミュニティとかで同業者の方といろいろ話してると,自分の職場の性格とかが見えてきてタメになります。
まぁ,あんまり入れ込むといろいろと支障が出るので,日に二三回書き込みがせいぜいかな? mixi の方の日記も最初は毎日更新してたのだけど,いまじゃさっぱりですね。
飽きないように,ゆったりやりましょう。

IIBをひさびさに更新。内部DB的にはとっくに3000超えてるけれど,整備の粗いのを少し省いて現在2959件。
今回追加したのは,これとかこれとか。あといまこれ関係をちまちま入力中。文献は適当に目についたのを,という感じでわりと散漫かも。
どうでもいいけれど,ヘプタメロンやらアルマデルやらも電子テキスト化されてるのだねえ(注.有名な魔術書)。便利な時代。いつかああいうのも索引に加えたいところ。
ちなみにIIBには趣味モノでこんなのも混じってたり。あと二つくらい似たようなのがあったり。ただ参考文献が空なのが違和感。「出演作品」とかも表示できるようにしようかな?

なんか色々やりすぎてて,本を読む暇がないのが悩みどころ。
それなのに読みたい本はたまるばかり。ああ,漫画の新刊も読んでない。近所のスーパーでジャンプとサンデー置かなくなっちゃったし・・・・・。土日はひさびさに本屋に行くかな。

投稿者 Myrmecoleon : 20:57 | コメント (15) | トラックバック

2006年01月09日

書物の価値の測り方

オーウェン・ギンガリッチ著
『誰も読まなかったコペルニクス 科学革命をもたらした本をめぐる書誌学的冒険』 (早川書房,2005.09)

『誰も読まなかったコペルニクス』

大学の生協にてしばらく前に購入。しばらくかけて,やっと本日読了。
コペルニクスが地動説と呼ばれる学説について述べた『回転について』がどのように“読まれて”いたかを知るために,著者は約30年をかけてこの著作の現存する(orした)初版・第二版のほぼすべてを調査した。その道程を読み物風に書いたものの邦訳。
自分は知らなかったけれど,はっきりいってとんでもないことしてたんだなあ,という感想。
まだまだOPACだのは整備されていなかった時代。世界中の図書館の目録をあさり,無数の書籍商に問い合わせ,知人の研究者の噂を聞きつけ,それで現物を見に行ったら別物だったりする,そんな有り様w それでも地道な調査の結果,ティコ・ブラーエに冠されていたいくつかの発見が無名の天文学者がコペルニクス本に書いたメモのパクリだったとか,ケプラーとお師匠がコペルニクスの仮説について議論してたとか,さまざまな科学史的発見がなされていく。読んでいてなかなか興奮します。
天文学,科学史,および書誌学あたりに興味のある方には普通に面白いのでオススメ。また,本というものがかつてどう読まれていたのか,メディア論的な読みにも向いてるかと思う。本の書き込みがあちこちに伝達されて,ついにはさまざまな著作を生んでるあたりなんかは,ミーム論とか外山滋比古センセの論説なんかとも絡む感じで面白い。人によっては,コペルニクス本さえ旅先のメモ帳扱いだったというのも面白い。

個人的には,コペルニクスの時代は本というのは単に複数枚の紙を出版するだけで,装丁だのは買った人それぞれが業者を雇ってやらせていた,ってのに驚いた。あの時代の本は,同じ著作であっても,一つとして同じ装丁の本はなかったらしい。装丁の模様なんかで誰の所有だったかわかるとかなんとか。
本のデジタル化が進んで,むしろ紙の図書は金持ちの道楽になりつつある昨今,もしかしたら未来の図書もこういうふうになっていくのかも。それこそ中身はデジタルデータからオンデマンド印刷で,それを装丁業者にまわして,「おれの涼宮ハルヒは革装だぜー」「うちのなんか金箔よー」みたいな。そういや革装版『空の境界』とかあったなあ・・・・・・。

投稿者 Myrmecoleon : 20:35 | コメント (159) | トラックバック

あけましておめでとう って

遅すぎますね; なんかだらだらしてるうちにこんな日に。もう巷じゃ成人式ですよ。大暴走ですよ。

休み中は実家帰って旧友とネット麻雀大会やってコミケ行って箱根駅伝見て自宅戻ってという感じ。
その後,御用始めしてひぐらしやって,さいきんはmixiとか始めたらしい。
Index Imaginary Beings はローカルではとっくに3000超えてるけど放置(マテ でもそろそろ動かないと目標達成ががが。
とかいいつつ,趣味で JavaScript でリアルタイムに更新できるチャットができないかと試行錯誤してみたり。こことかこことかよくやりますよね。ウチはやっとチャットの発言部分をJavaで表示できるようにした止まりなんすが。

仕事の方は,入って以来の同期やら偉いひとやらが異動して大変わり。でも別に仕事は忙しくない。
珍しく今年は遅刻はしてない。この調子で一年間乗り越えたいところ。

まぁ,とりあえず今年もヨロシクといったところで。

投稿者 Myrmecoleon : 20:24 | コメント (160) | トラックバック